7thPocket logo


ネシャン・サーガ

 >  > ネシャン・サーガ
ネシャン・サーガ〈8〉セダノール攻防戦

<ネシャン・サーガ関連サイト>

<ネシャン・サーガ関連商品>

Book

ネシャン・サーガ Wikipediaより>

『ネシャン・サーガ』 (”Neschan-Trilogie”) は、ドイツの作家、ラルフ・イーザウが書いたファンタジー。全3巻。
キリスト教の観念を底辺とし、現実世界(われわれが住む地球)と、かつて神であるイェーヴォーの息子、メレヒ=アレスが作った世界「ネシャン(涙の地)」とで起こる物語が同時進行する。
日本版はあすなろ書房より発行、訳者は酒寄進一。
ある日、森に散歩に出ていて運悪く穴に落ちてしまったヨナタン少年。彼はその穴で謎めいた杖を発見する。青い光を発している杖を握ったとたん、あらゆる感覚が鋭敏に研ぎ澄まされ、記憶や感情を伝える力まで増幅された。ヨナタンはその杖を持って穴から出ようとするが、そこに突如言い伝えだと思っていた怪物、ツチクイが襲い掛かってきた。ヨナタンはあわてて逃げ出すが、杖をツチクイに突き刺したとたんツチクイは灰になってしまった。結局養父ナヴランが待つ小屋に帰れたのは翌朝で、ナヴランは相当に怒っていた。だが杖をナヴランに見せたるとナヴランの態度は豹変する。ナヴランは杖に触ろうとはせず、そして自分が本当は何者なのか、その杖はいったい何なのか、すべてを語りだした。その杖は裁き司のみが持つことを許される伝説の杖「ハシェベト」で、ナヴランは裁き司の使者「カロジム」としてその杖を探し続けてきたというのだ。ハシェベトに触れるのは裁き司とイェーヴォーに選ばれし者だけだったため、ナヴランは触ろうとしなかったのだ。そしてヨナタンは第六代裁き司ゴエルがいる「英知の庭」へ、三週間後にくるゴエルの使者の船に乗って、ハシェベトを運ばなければならないことを告げられる。あまりの唐突さと使命の重大さに戸惑いを隠せないヨナタンだったが、しかしその夜、イェーヴォーの使いであるベネルが枕元に現れ、闇の神メレヒ=アレスの使徒であり、南にあり、長らくヨナタンたちが住む光の国「セダン帝国」と争ってきた闇の国「テマナー」の王、バール=ハッザトがハシェベト出現の報告を聞き、配下の将軍ゼトアが三隻の船を率いてこの地に向かっていると告げる。明日、港にいる「世界の風号」にのって出発せよとベネルにいわれたヨナタンは、混乱しながらも必ずハシェベトを英知の庭に届けることを約束し、旅立つのだった。
ネシャン・サーガ」でサイト内を検索
166252687