7thPocket logo


ベルガリアード物語

 >  > ベルガリアード物語
宿命の子ら―マロリオン物語〈5〉 (ハヤカワ文庫FT)

<ベルガリアード物語関連サイト>

<ベルガリアード物語関連商品>

Book

ベルガリアード物語 Wikipediaより>

『ベルガリアード物語』(ベルガリアードものがたり)は、アメリカの作家デイヴィッド・エディングスによって書かれたファンタジー小説である。 全5巻で構成。日本語訳は早川書房(ハヤカワ文庫FT)より発行されている。 世界に広がる各国の文化や生活様式が物語の随所にちりばめられ、独自の世界としての完成度は非常に高い。また、ウイットなユーモアに富んだセリフと、個性が強くRPGの要素(とくに役割分担)を持っている登場人物たちが魅力的である。 続編として『マロリオン物語』や、ベルガラスやポルガラの過去の話である『魔術師ベルガラス』『女魔術師ポルガラ』(日本語訳は同じく早川書房)、舞台となる世界の解説書「The Rivan Codex」(未訳)がある。 ストーリー 主人公の少年・ガリオン(ベルガリオン)は、とある農園で『ポルおばさん』に普通の少年として育てられていた。時折おとずれる吟遊詩人『ミスター・ウルフ』は彼にさまざまな物語を語る。が、ある日突然、ガリオンは農園を離れ、長い旅路につくこととなる。 その道中でミスター・ウルフが魔術師ベルガラスであり、ポルおばさんが彼の娘ポルガラであることを知ることになる。

<ベルガリアード物語新着情報>

ベルガリアード物語」でサイト内を検索
165342017