7thPocket logo


猫の恩返し

 >  > 猫の恩返し
ほーら泣きやんだ!ゆっくりおやすみ編~となりのトトロ・いつも何度でも~

<猫の恩返し関連サイト>

<猫の恩返し関連商品>

DVD  | CD  | Book  | Toy

猫の恩返し Wikipediaより>

『猫の恩返し』(ねこのおんがえし)は、森田宏幸監督によるスタジオジブリのアニメーション映画である。2002年に『ギブリーズ episode2』と同時上映で公開。 スタジオジブリの作品『耳をすませば』の主人公である月島雫が書いた物語という位置づけのスピンオフ。猫の男爵バロンが2作に共通して登場する。宮崎駿のリクエストをうけて柊あおいが描き下ろしたコミック『バロン 猫の男爵』を原作とする。 バロンの声を担当する声優は主人公とのバランスを考慮し、『耳をすませば』の露口茂から袴田吉彦に変更された(監督曰く「若々しい感じを出したかった」との事。もっとも、制作時点で既に露口は芸能活動を休業している状態だった)。また、『耳をすませば』で雫の声を担当した本名陽子が、クラスメイトのチカ役を担当している。 キャッチコピーは「猫になっても、いいんじゃないッ?」(糸井重里)。 日本国内の興行収入は64.6億円で2002年の邦画1位、DVDとVHSを合わせたビデオグラム出荷本数は2007年5月時点で72万本。

<猫の恩返し新着情報>

猫の恩返し」でサイト内を検索
167424513