7thPocket logo


借りぐらしのアリエッティ

 >  > 借りぐらしのアリエッティ
借りぐらしのアリエッティ シルエットグラス「アリエッティのひとやすみ」

<借りぐらしのアリエッティ関連サイト>

<借りぐらしのアリエッティ関連商品>

DVD  | Book  | CD  | Toy

借りぐらしのアリエッティ Wikipediaより>

『借りぐらしのアリエッティ』(かりぐらしのアリエッティ、英:The Borrower Arrietty、北米:The Secret World of Arrietty)は、2010年の日本のアニメーション映画である。キャッチコピーは『人間に見られてはいけない。』『それが床下の小人たちの掟だった。』。 ストーリー 14歳の小人の少女・アリエッティは両親と3人、人間に見られてはいけないという掟の下、郊外にある古い屋敷の床下で人間の生活品を「借り」ながら密かに慎ましく暮らしていた。 彼女が初めての「借り」を夜に控えたある日、人間の少年・翔が療養のため静かなこの屋敷へやってきた。その夜の借りで翔に見つかり、戦利品の角砂糖も逃げる時にうっかり取り落としてしまう。一度翔の出方をみることにした父と彼女だったが、翔は小人との接触を試みるようになる。 これに対しアリエッティは独断で動き網戸越しに気取られてしまうが、家族の安全のため、自分達小人と関わらないよう頼む。そこへイタズラ者のカラスが乱入して、この騒動で家政婦のハル婆は翔を怪しむようになる。

<借りぐらしのアリエッティ新着情報>

借りぐらしのアリエッティ」でサイト内を検索
167424789